天然セミナー 7.ホップス種
天然セミナー7番目のホップス種(ビール種)を習ってきました。
メニューはルーマニアのパンで『パイネ・デ・カーサ』




f0179642_15443944.jpg


f0179642_15455093.jpg



ホップス種は師範科の時にも習ったので2度目ですが(こちら)
今まで習った酵母の中でも手間がかかるので(^^;
家で種おこしの復習はしなかったのでウル覚えの記憶だけがー。
今回は1番目の種をいただいたので、今ガンバって継いでます~(*^^)v
ちまたで流行ってる?ホップ種とは多分違う感じかな~と思うので・・・。
本屋さんでちょっとチェックしてみよ(^-^ゞ


f0179642_1546224.jpg


『パイネ・デ・カーサ』は全粒粉入りのわりとシンプルなパンで
ホップス種はクラストがパリっと焼けるのが特徴だそうです。
サラダといっしょに頂きました~。
真ん中の緑っぽいものは『茄子のキャビア』
キャビアが入ってるのではなくてお料理の名前だそうです。
酸味の効いた茄子のマリネでパンと食べると美味しかったです♪




f0179642_16182348.jpg


もう一つのメニューはサンリッチ酵母で作った『パパナッシュ』
リッチな生地を揚げ焼きにしてシロップに浸し冷やしてから
ソースとジャムをつけてナイフとフォークでデザート感覚で食べました。
なかなか美味しかったです~(*゚ー゚*)
[PR]
by uca_delihapi | 2012-04-29 16:25 | パン教室
<< おじゃがパイ ・ カマンベールナッツ カンパーニュ (酒種酵母) >>